制度の説明

外国人技能実習制度とは?

国際協力・貢献に大きく寄与することができる

外国人技能実習制度とは、発展途上国等の青年に先進国の進んだ技能・技術・知識を修得して貰うために、一定期間国内の産業界に受け入れて、産業上の技能等を修得してもらう仕組みです。

この制度は、技能実習生に技能を習得して貰い、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、日本の国際協力・国際貢献に大きく寄与することが出来る制度です。

 

 

ページのトップへ戻る