外国人技能実習生の受け入れ企業になるメリット

技能実習生の受け入れはどのようなメリットがあるのでしょうか?「社内が活気づく」「ダイバーシティの促進」「生産性が上がる」「国際貢献」「国際事業の進出」などの様々な作用を、わかりやすい事例とともに解説いたします。

日本人従業員が刺激されて社内が活気付く

技術を学びたいと思っている向上心のある若い外国人技能実習生を受け入れることで、日本人従業員も刺激され、社内が活性化されます。
若年層の人材が少ない職場に、若い実習生が入ると高齢化した職場もより一層活気づきます。

社内活発化

ダイバーシティの推進に繋がる

従業員が多国籍化することで、ダイバーシティの推進に繋がります。
ダイバーシティを推進し、多様な人材の能力を活用することで、今まで思いつかなかったようなアイデアなどが相乗効果によって生まれやすくなり、創造性や革新性の向上に繋がります。

divercity_image

作業工程の見直しで生産性が上がる

技能実習生を迎え入れるにあたって、作業工程の確認やマニュアル化が必要になってきます。改めて作業工程を見直すことで生産性もあがるため、ベテラン従業員も作業工程を改善する良い機会になるでしょう。

作業見直し2

国際貢献ができる

技能実習制度の目的は、『我が国で開発され培われた技能、技術又は知識の発展途上国等への移転を図り、その開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的とする制度』となっています。
実習生を受け入れることで社外的に国際貢献をしているといったイメージにも繋がります。

国際事業3

国際事業へ進出する機会を得られる

また、外国との接点ができるため国際事業への転換にも成り得るかもしれません。外国に支店を作り、技能実習を満期で終えた実習生を現地支店のマネージャーとして雇用する、というような海外進出を考える実習実施者もいます。

advance_image

受け入れ企業の声

実際に技能実習生を受け入れてどのようなメリットがあったか、企業様の声をご紹介いたします。

企業様の声はこちら