個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて
 21世紀マンパワー事業協同組合では、被保険者とその家族の方々の個人情報を資格取得等届出書、保険診療、保健事業(診療、健康診断、保健指導・相談、保養・運動施設利用、スポーツ行事ほか)などで取り扱っています。
 平成17年4月1日から個人情報保護法の施行に当たりましては、当組合の業務に携わる者すべてが個人情報を適正かつ安全に取り扱ってまいります。
 従来においても健保組合は、個人情報の守秘義務が課せられておりましたが、法律施行の指針に沿って、プライバシーポリシーを作成いたしました。
 これをふまえて被保険者のみなさまからの信頼に応えるよう個人情報保護に万全を尽くすとともに、安全管理に努めていきます。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

 当組合では、加入者個人に関する情報(以下「個人情報」といいます。)の保護を適切に行っていくために、次の方針に従い取り扱ってまいります。

1. 個人情報の保護に関する組合の「個人情報保護管理規程」を制定するとともに、個人情報保護法及び関係する法令等を遵守します。
2. 組合は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報に対する問い合わせ及び開示、訂正、削除を求められたときは、健康保険法等の法令及び個人情報保護管理規程等に従い対応いたします。
3. 次のような適正な管理を行うことで、常に個人情報の保護に努めます。

(1) 個人情報保護の管理責任者の選任による責任の所在の明確化
(2) 個人情報の漏えい、破壊、紛失、改ざん、誤用等を防止するための厳重なセキュリティー対策の実施
(3) 安全な環境下で管理するための個人情報データベースのアクセス制限の実施
(4) 個人情報の保護についての職員教育の徹底
4. 組合は、個人情報の収集にあたり、加入者に対し、収集目的を明らかにし、収集した個人情報は、利用目的のみで使用し、利用目的を遂行するために業務を委託する場合を除き第三者に提供はいたしません。ただし次の各号に該当する場合は、加入者の事前の同意を得ることなく、加入者の個人情報を第三者に提供することがあります。

(1) 法令の定めに基づく場合
(2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、加入者の同意を得ることが困難である場合
(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために必要であって、加入者の同意を得ることが困難である場合
(4) 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、加入者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
5. 利用目的遂行のために業務を委託する場合、個人情報の取り扱いに関する委託先の適正な管理及び監督を行います。
6. 組合は、組合の個人情報データベースに保管されている加入者の個人情報をできる限り正確、完全、最新に保つために、加入者からの請求により速やかに訂正等を行います。
7. この基本方針及び個人情報保護管理規程等は、継続的に見直し、改善に努めます。


 
 
ページのトップへ戻る