優良監理団体認定
特定技能登録支援機関認定
介護職種認定
TEL 0120-936-357
  1. 21世紀マンパワー事業協同組合
  2. 特定技能外国人は,どのような届出をどのような方法で行う必要があ りますか。

特定技能外国人は,どのような届出をどのような方法で行う必要があ りますか。

入管法において義務付けられている届出には,住居地を定めたとき及び変更したときの届出,在留カードの住居地以外の記載事項に変更が生じたときの届出,受入れ機関の名称・所在地変更,消滅の届出,受入れ機関との契約終了・新たな契約の締結に係る届出があります。

なお,特定技能外国人の方が転職する場合には,在留資格変更許可申請を行う必要がありますので御注意ください。

【届出の方法について】

住居地に係る届出は市区町村の窓口で在留カードを提出して行い,在留カードの記載事項に係る届出は地方出入国在留管理官署の窓口で届出書を提出して行い,受入れ機関に関する届出は地方出入国在留管理官署の窓口で届出書を提出,郵送又は出入国在留管理庁電子届出システムを利用し,インターネットを介して行う必要があります。また,いずれの届出も事由が生じた日から14日以内に行う必要があ ります。

「提出書類」に関するよくある質問

  • 特定技能外国人は,どのような届出をどのような方法で行う必要があ りますか。
21世紀マンパワー事業協同組合にお任せ
21世紀マンパワー事業協同組合にお任せ

お問い合わせはこちらから

技能実習制度や特定技能制度の疑問や不安など、まずはお気軽にご相談ください!

0120-936-357

受付時間 9~12時/13~17時(土・日・祝日・年末年始を除く)

21世紀マンパワー事業協同組合が選ばれる5つの理由

  1. ミャンマー・ベトナムに特化した受け入れ
  2. 体制の整った送り出し機関との提携
  3. 幅広い職種および地域に対応
  4. 各種制度への精通者が多数在籍
  5. 安心のフォロー体制