TEL 0120-936-357お問合せはこちら
  1. 21世紀マンパワー事業協同組合
  2. 介護

介護|技能実習・特定技能に関する新着情報

埼玉県の介護施設様の現地面接のためミャンマーへ行きました

埼玉県の介護施設様の現地面接のためミャンマーへ行きました。社長自らによる企業説明は技能実習生が理解しやすいよう、細かく区切って通訳を介して行っていただきました。集団面接では、コミュニケーションがとりやすい方法を弊組合がレクチャーし、スムーズに質疑応答が行われ、最終的には4名の技能実習生を採用していただきました。

技能実習生の笑顔と優しさが好印象。スタッフも教育に気合が入っています。

技能実習生たちはきちんと基礎を学んできているので、教育係の指導にも気合が入っています。スタッフ全体のレベルアップにつながることを期待しています。また、笑顔と優しさがスタッフにいい影響を与え、多方面から好印象だとお声をいただきます。

日本語での会話も、介護の技術も申し分ありません。問題なく技能実習できています。

ミャンマー人の技能実習生は日本語での会話も、介護の技術も申し分ありません。問題なく働いてくれています。各所属先に1名ずつの配属のため、周りはみんな日本人。そんな環境で頑張ってくれている彼女たちは、日本語の上達が早いです。

まじめで、文句ひとつ言わず素直。非常によく働いてくれています。

実習生を受け入れてから変わったことは、職員や利用者の会話の中でミャンマーに関する話題が増え、親しみを感じるようになりました。2名の技能実習生は非常にまじめで、会話はもちろん書類の読み書きも漢字ででき、入浴も一人前にこなしています。

技能実習生へ雇用条件や日本のマナーなどの入国後講習を行いました

技能実習生は入国したら組合で1か月の入国後講習を行います。日本語の学習やマナー、交通ルール、法律等を学び、雇用条件の再確認や寮の規則を説明する時間を設けております。今回は千葉県の病院で研修を行いました。

介護技能実習生採用の面接の為、ミャンマーへ行きました

介護技能実習生採用の為の面接をするため、ミャンマーへ行きました。面接に来られたのは埼玉県の特別養護老人ホームの施設長の方。宿舎の写真や配属施設を撮影したムービーを用いてわかりやすく説明をしていただきました。

埼玉県の介護施設でミャンマー人介護技能実習生が1名配属されました

埼玉県の介護施設にミャンマー人技能実習生が1名配属となりました。2期生の受け入れも検討いただいている施設様での初めての実習生となるので、模範となれるよう頑張ってほしいですね。

弊組合初の介護技能実習生が栃木県の特別養護老人ホームへ配属になりました

弊組合としては初めての介護技能実習生が栃木県の特別養護老人ホームへ配属になりました。提携しているミャンマーの送出し機関ミャンマー・ユニティにて、N3レベルの日本語を勉強し介護の実技講習も受けている実習生たちです。